ホーム » 大学院概要
法務研究科長 教授 矢吹 徹雄(民事訴訟法)

本学法科大学院の目標

私たちの法科大学院は、北海道の地域社会に根ざした法曹を育成することを目指します。北海道は、過疎化、高齢者介護、産業の統廃合、市町村合併、地域開発、環境保全等の社会的問題を抱え、これらの問題に伴って地域の住民、行政、企業相互問に多様な法的紛争が生ずることが予想されます。私たちは、これらの法的紛争を解決するために、地域の人々と共感し、地域社会に共生して、地域の住民一人ひとりの福祉に配慮し、地域社会の充実を図るという視点を見失わずに紛争を解決できる専門的能力と人間的素養を備えた法曹が必要と考えています。そして、このような法曹を育成することが北海道に基盤を置く私たちの大学、法科大学院のかけがえのない使命と考えています。
私たちの法科大学院では、このような使命を達成するために、少人数教育を徹底し、教員と学生との討論を積み重ねる双方向性の密度の高い授業を進めます。グループ学習による学生問の討論を通して教育効果を高めることを目指します。厳正な成績評価による進級制を採用します。学生の一人ひとりに法曹を目指す明確な目的をもつことを求めます。確固たる目的をもたなければ、厳しい修練の場を乗り越え、激しい競争に打ち克ち、最終目標を達成することができないと考えるからです。
私たちは、「法理論と実務の架橋」という法科大学院の教育理念を実現するために、碩学と称される研究者教員、全国の法科大学院の中でも屈指の優れた実務経験を有する実務家教員とともにより効果的な教育方法を模索し、開発することに日夜研鑽を重ねています。 北海学園大学法科大学院は、このような理念に共感し、厳しい修練を乗り越え、地域社会に貢献する法曹になろうとする強い意思をもつ学生諸君の集う大地なのです。

content-header02

北海学園大学では、開学以来、自由で不屈な精神をもって北海道の可能性の開発に挑戦する逞しい青年の育成を基本理念とし、地域の発展に寄与してきました。過去の司法試験合格者に関しては数名の実績しかありませんが、民間企業はもちろん、公務員(中央官庁、地方自治体、裁判所職員、警察官、教員など)、パラリーガルの法律専門家(弁理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士など)と多方面にわたり、有為な人材を輩出してきました。また、道内法学部としては唯一の夜間部を設置し、社会人に対する法学教育を一手に引き受けてきた実績を有し、大学教育については高い評価を得ています。

名称北海学園大学大学院 法務研究科 法務専攻
学位法務博士(専門職)
*修了により司法試験(2006年度から実施)の受験資格が得られます。
入学定員18人
専任教員数12人(うち実務家教員4人)
修業年限未修者3年(長期履修課程は4年)既修者2年(長期履修課程は3年)
修了要件単位数99単位以上(既修者65単位以上)

沿革

平成16(2004)年6月文部科学省に設置認可申請
平成16(2004)年11月文部科学省より設置認可
平成17(2005)年4月札幌市豊平区に法科大学院を開校

連絡先

法人名学校法人北海学園
電話番号011-841-1161
メールアドレスjd@hgu.jp