ホーム » 学生の声 » 在学生インタビュー » 在学生へのインタビュー
 

在学生へのインタビュー

学年:1年(2009年4月現在)
履修コース:夜間長期履修未修者コース(4年)
出身大学:札幌学院大学法学部法律学科

あなたが、法科大学院を志望するきっかけとなったことを教えください。

社会の中で争いというものは、いついかなる時でもあるものであると思う。法曹という仕事は、社会の中で起こっている争いに対して係わる仕事であり、社会的貢献の上でもやりがいの上でも人生をかけるにふさわしい仕事であると思って法曹を目指したことが法科大学院を志望したきっかけです。

北海学園大学法科大学院の「いいなぁ」と思うところはどんなところですか?

何といっても、自習室が24時間、年中無休で開いている所です。法科大学院での勉強は自学自習による部分が大きいので、自習室が24時間開いているのは夜遅くまでとか朝早くから勉強をしたい時には大変便利です。自習室の机も広くて使いやすいです。

今まで学んだ中で、面白かった(大変だった)授業や演習について、具体的に教えてください。

ロジカルシンキングは、脳の活性化ができてとてもよいです。論理的に考える思考が身に付くので将来とても役立つと思います。民法IIの授業は、進むのが速く、予習復習が少し大変です。

あなたが北海道で、とても気に入ってるスポットや、憩いの場所はどこですか?

北海道出身なのであまり意識していませんが、大学構内の談話室を憩いの場所として利用しています。

あなたの将来の目標は何ですか?
また、この大学院で学んだことで、将来生かしたいと思うことはどんなことですか?

関心のある分野としては、刑事弁護の分野と消費者保護の分野です。特に、刑事弁護の分野では裁判員制度の導入で被害者感情が優先され厳罰化が進むと言われ、弁護士の存在は今後重要になってくると思います。

その他、自由にお書きください。(北海学園大学法科大学院を志望する学生にひとことなど)

北海学園大学法科大学院には、働きながら通学することのできる夜間課程のある数少ない法科大学院です。仕事を辞めなくても通学できますので、数々の分野で活躍される社会人の方に積極的に挑戦してもらいたいと思います。

このブログの最新記事

2010.07.14
藤田 芳康さんヘのインタビュー
2009.07.09
在学生へのインタビュー