ホーム » 学生の声 » 2011年度新司法試験合格者インタビュー(1)
2011年度新司法試験合格者 標準既修課程2009年3月修了|久保 晋介|充実した施設や環境を活かせる、利用できるのが魅力です

── 自分は他の人より遠回りしてしまったとこれまでを振り返る久保さん。
本学で過ごした合格までの数年についてお伺いしました。

新司法試験合格がわかった時、どう感じましたか?

過去2回の試験では「もう少し!」と思えた結果だったんですが、今回は試験直後から決して出来がよいとは思えなかったので、最初は何か間違っているんじゃ無いかと疑いました(笑)

正直なところ、今回の受験で合格できなければ就職先を探さなければならないと考えていたのですが、特に就職活動をしていたわけではないのでホッとしています。

法曹になるべく第2のスタートを迎えますが、その後の目標とかはありますか?

写真:久保 晋介

弁護士か、あるいは企業法務などで働ければ良いなと思っています。
弁護士のような職業に就くことは子供の頃からの夢だったんですが、大学を卒業した頃は「まずやりたいことをやって、それから司法試験に挑戦しよう」と考えていました。

そこで公務員試験も受けたのですが、残念ながらそちらではご縁が無く、その後一度就職しました。
それから数年後にこの法科大学院へ入学するのですが、このような感じで周りの人より割と遠回りしてきた分、その経験を活かせる職種に就きたいと考えています。

社会人経験があったことで、本学での生活などに影響はありましたか?

あまり大きな違いはないと思いますが、この法科大学院の特徴でもある「少人数制」を活かす意味では良い影響があったかも知れません。とにかくこの法科大学院は「風通しがよい」ので、一緒に勉強している仲間はもちろん、教授や事務局とも良い関係が築きやすいと思うんです。

教授にはいろいろとご迷惑をおかけしましたが、わからないことや疑問に思ったことを直接、物怖じせず聞きに行けるのは社会人経験が役に立っていたかも知れません(笑)

本学ではどのような感じで勉強していましたか?

校舎から近い場所に住んでいたので、生活のリズムを整えやすい環境だったと思います。勉強はできるだけ学校でする事にして、自宅では勉強せず、夜はジムや水泳に通ったりしていました。

確かにたくさん勉強することは大変重要なんですが、勉強ばかりではかえって能率が下がってしまうこともあると思うんです。ジムや水泳に通うことが気分転換になっていたと思うのですが、過去の合格者の方に話を聞いても、気分転換を上手に取り入れている人が多いと思います。
私の場合は、学校ではびっしり勉強し、自宅などではゆっくり休むという感じで勉強を続けてきました。

これから法曹を目指す方、本学へ入学を検討されている方にメッセージをいただけますか?

この法科大学院はとにかく施設レベルが高いし、事務局のサポートやケアも充実していると思います。
他の大学院で勉強していた友人などに聞いても、その差はハッキリとわかりますので、本当に恵まれた環境だと思います。

それは設備だけじゃなく、実務家教員が多いことなどの環境面でも同じ事が言えるので、これを活かさない手はないと思いますね。
多くの意味で手厚い教育環境をゲットしたいと思うのであれば、この法科大学院をお勧めします。
自分のやる気に応えてくれる環境がここにはあります。

── ありがとうございました。久保さんのご活躍を祈っております。

2011年度新司法試験合格者 標準既修課程2010年3月修了|細井 三輪|自分一人じゃないと勇気づけてくれる環境があります

── 本学に入学する前から司法試験の勉強を続けてきた細井さん
それまでと何が変わったのか、何が良い結果へ繋がったのかをお伺いしました。

新司法試験合格がわかった時、どう感じましたか?

今回が3度目の受験だったので、自分も周りもドキドキハラハラで、合格したのは嬉しかったですが、どちらかというとホッとした方が強いです。

本学に入学される前も法律の勉強をされていたと伺っていますが?

小樽商科大学の企業法学科を卒業後、旧司法試験受験のために勉強を続けていました。
その時には合格できず、その後に新司法試験に変わったこともあり、この法科大学院へ入学しました。
新司法試験はこれが2回目の受験だったんですが、法律の勉強をしていた期間は割と長いんです(笑)

本学での生活や勉強は、当時と比べていかがでしたか?

写真:細井 三輪

法科大学院での生活は、すごく充実して素晴らしい時間だったと思います。
ここだけの話、他の大学院へ進学した友人などに話を聞いて比べてみると、施設や環境の充実度が非常に高いとわかります。建物や蔵書などの施設・設備もそうですが、例えば教授との距離感。これだけ近くに教授の方々がいてくれる環境というのは、本当に恵まれているんだって感じることが出来ます。

よく言われることですが、少人数制だと教授も学生一人一人を見てくれるんです。
何か質問しても、個人的な強みや弱みを理解していただいた上で回答していただけるので、すごく学ぶことが多かったと思います。
いろいろ迷ってこの法科大学院への入学を決めたんですが、今こうして振り返ってみると、本当に良かったと思えます!

それ以外で記憶に残っている出来事などありますか?

本学に入る前は一人で勉強していたんですが、入ってみると、一緒に勉強している仲間の存在やその大切さに気付かされました。
先に合格していった先輩の方に開いてもらったゼミでは、「こうすれば合格に近づける!」という自信やイメージをもらいましたし、仲間同士で自主的に開いたゼミでは大変楽しく勉強出来ました。
一人だとどうしても気を抜いてしまいそうになるんですが、仲間がいるとそれを注意してくれると言うか…私が注意されることが多かったんですけどね(笑)
学年などの隔たり無く、指摘したり助けたり、辛くても「頑張ろうね!」って約束できる環境って、今にして思うと本当にありがたいと思いますね。

先生にも大変お世話になりました。
試験直前など、どうしても不安になってしまうんですが、そんな時でも気軽に打ち明けて悩みを聞いてもらったり、たくさんの勇気をもらいました。

現時点での将来の目標とかはありますか?

将来は地域密着の弁護士になることが目標です。
入学した頃などはそうでも無かったんですが、本学の実務家教員の方々から色々なお話を伺っていると、すごく魅力的な仕事に感じてきました。
相談者の方に、自分が本当によいと思う方法で親身に仕事できそうだなって感じています。

これから法曹を目指す方、本学へ入学を検討されている方にメッセージをいただけますか?

なるべく一人で勉強せずに、とにかく周りと関わって行くことが、結果的に私には最良の方法だったと思います。
ひとそれぞれでやり方は違っても、本学の良さはその点にあると感じるんです。

入学前から勉強していた私も、情報交換したり良くない点を指摘してもらえたり、励ましたり。
勉強ばかりではプレッシャーも重くのしかかってきますが、本学の仲間、教授の皆さん、事務局の方々にはそれを緩和させてくれる何かがあると思います。

── ありがとうございました。細井さんのご活躍を祈っております。

2011年度新司法試験合格者 標準未修課程2011年3月修了|川村 忠之・富田 佳佑|互いに認めあう仲間と、より高みを目指せる環境があります。

── 在学時代から隣り合う席で互いに刺激しあいながら勉強してきた、川村さんと富田さん。
大変仲がよい良き仲間とお聞きしたので、お二人同時にお話を伺ってみました。

新司法試験合格がわかった時、お二人はどう感じましたか?

富田この法科大学院での努力が実ったと感じると同時に、ホッとしたのが最初ですね。
川村私はまだ実感が無いんです…(苦笑)
番号はあったけど、何かの間違いじゃないか??って。合格証書が届くまでは油断出来ませんね(笑)
富田あと、正直なところ「もう勉強しなくて良い!」と感じました(笑)
川村わかる!私もそうですね(笑)

お二人が法曹を目指そうと思ったきっかけなどありますか?

富田私は東北大学法学部を卒業して一度は就職していたんですが、当時の友人達が法曹の道へ進んでいると知って、自分も頑張ってみようと思ったのがきっかけです。
川村私は中央大学法学部を卒業した後、法曹を目指して旧司法試験を2度受験しているんです。
残念ながらその時は受からなかったので、友人とベンチャー企業を立ち上げて3年半ほど仕事をしていたんですが、結局諦めきれずに新司法試験に挑戦する事を選びました。

お二方とも社会人経験がおありなんですね。ではなぜ本学を選んだのですか?

写真:川村 忠之

富田出身が北海道と言う事もあり、地元の法科大学院へ進みたいと考えていました。
正直なところ、当時の本学はまだ実績も少なく、不安が無かったと言えば嘘になりますが、それなら自分が実績を残そうって思いました。
川村私は正直なところ、あまり下調べせずにこの法科大学院を選んだんです。ただ、当時通っていた予備校のアットホームな感じが好きで、少人数制の大学院へ進みたいと考えてはいました。今はここを選んで正解だったと思います! 少人数制の良さは思っていたとおりでしたし、友達や教授と近い距離で勉強できたのはすごく良かったと思っています。
富田確かに学生間はもちろん教授との距離感が近いというのも良かったですね。先に合格した先輩の勉強法とかを学べたり、ちょっとしたことでも教授に質問できたり、それって大人数ではなかなか出来ないかもって思います。

同期としてお互いが良い刺激になったと思いますか?

富田そりゃもう、川村さんは常に私の前を走っていましたし(笑)
川村いやいやいや(笑) そんなことないですよ!!
ただ、お互いにタイプが全然違うからこその新しい発見や、お互いの良いところなどはいろいろと知ることができましたね。
富田川村さんからは、いろいろと勉強させていただきました!(笑)
川村それは私だって同じです(笑)
でも、本当にこの法科大学院では、そんな感じで得た新しい何かを自分のものに出来る環境があったんですよね。こうして、良い相棒のような存在にも恵まれましたし(笑)
一人じゃ不安も大きいけれど、同期と一緒に修習に行けるというのは、大変心強いですよね。

普段、お二人はどんな感じなんですか? いつも一緒にいるんですか?

川村そんなことないですよ(笑) 仲間数人で集まることはあっても二人だけってのは無いです。
富田そうだよね、それは無いね(苦笑)
川村何か機会がある度に打ち上げと称してお酒を飲みに出かけたりもしましたね。

お話を聞いていると、学生時代に戻ったかのような感じですね。

富田いつでも飲み歩いていた訳じゃないですよ?(苦笑)
ただ、私は「学生である」ってことを少し強めに意識していたかも知れません。

それはどんな意味で?

富田大学時代の同期とかは普通に就職して仕事しているのに、私は勉強だけをやっている。学生の本分として勉強するのは当たり前ですが、好きな勉強をさせてもらっていると言うか。だからこそ、早く結果を出したいとは考えていましたね。
川村確かに。お酒を飲んだ時とかも、そう言う話をしていたこともあるよね。

真面目な話もするんですね。

(両者)はい、もちろんです(笑)

勉強する上で良かったと思う点はありますか?

写真:富田 佳佑

富田勉強も遊びも仲間がいることが心強いと思うことは多かったですね、一人では得られない感じです。
川村同感ですね、チームプレーのように勉強出来る環境って素晴らしいと思います。自然と集まり、一緒に高められていくと言うか。
富田予備校などで合格を目指して勉強する事も出来るけど、ここだと相乗効果のようにより良い勉強法が見つかる感じですね。
川村自分の弱点なども客観的に指摘してもらえますしね。富田先生にもずいぶん指摘されました!(笑)
富田そんなことないですよ(笑)

お二人の目標をお聞かせください。

富田地域密着の弁護士になりたいと思っています。父が転勤族だったこともあって、割と地方の雰囲気が好きなんですよね(笑)
川村私は検事を1回やってみたいと思っています。その後は弁護士とかもやってみたいですけどね。
昔から「警察密着24時」みたいのが大好きで、犯罪者と向き合う仕事をしてみたいって真剣に考えてるんです! なぜその犯罪が起こったのか、その裏には何があったのか!とかですね。
富田熱いですね、川村さん(笑)

それでは最後にお二方から、後輩の皆さんへメッセージをお願いします。

川村富田先生、どうぞ(笑)
富田私からですか(笑)

富田僕らの時はまだ将来像が見えやすい環境なのかなって思うんですが、それに比べてこれからの皆さんは大変かもなって思います。でも、そこを頑張り抜く勇気とか熱い気持ちがあればと思うのでぜひ頑張って欲しいですね。
川村確かに環境は厳しくなっていきますよね。覚悟も相当必要だろうと思います。強い意志と成し遂げる気合いが欲しいと思います。試験も就職も「熱いハート」ですよ!!
富田やっぱり熱いですね(笑)
川村なんて言いますか、うちに秘めたるモノが…ですね(笑)

── ありがとうございました。お二人のご活躍を祈っております。

2011年度合格者(1) | 2011年度合格者(2)2011年度合格者(3)