ホーム » 学生の声 » 2009年度新司法試験合格者インタビュー
2009年度新司法試験合格者 標準未修課程2009年3月修了|鍛冶 孝亮|一緒に勉強する仲間と環境が大切

大学院での3年間を振り返ってみて、いかがですか?

この3年間は、自分の中では「長かった」というのが正直な感想です。
ただ振り返ってみると、きつきつで勉強をしていたというより、伸び伸びと勉強できたと思っています。
この大学院の雰囲気や環境がそうさせていると思いますが、部屋にこもって勉強だけをしていたという感じではなく、大学院での生活を楽しみながら勉強することが出来ました。もちろん、司法試験の直前は猛勉強でしたけどね(笑)

大学院での生活はどのような印象ですか?

写真:鍛冶 孝亮

本学は他の大学院に比べ、学生間の横のつながりが強いと思います。
少人数という事もあり、年齢はバラバラですが仲間意識が強かったと思います。
講義後も法律関係の話で盛り上がることが多かったのですが、その中で身についた事も多かったと思います。他人の話を聞いてそこから新しい知識を得ることがあり、その環境が自分を良い方向へ進ませてくれたという感じですね。

特に一緒に勉強できる仲間がいたのは良かったですね。
答案練習会(論文試験のデモンストレーション)でお互いに評価し合う場を設けたのですが、それがすごく楽しく勉強できる結果になりました。
他人の意見や考えを聞くことで自分の「固定観念」を訂正でき、それを改められる良い機会になったと思います。

逆に大変だったことはあまり思いつかないですが、法学部でのそれよりも進級や卒業要件がしっかりしていて、良い意味で刺激になっていました。
良い緊張感があったと思います。

昨年司法試験に合格された先輩が身近にいたというのも良い環境だったと思います。
試験へ向けた対策はもちろんですが、やはり経験者に直接話を聞けるというのが自分にとってプラスになっていました。

講義や教授の印象として、学問という意味での講義の中に、試験に向けた知識・ポイントを織り交ぜて解説してくれたのが良かったと感じています。
「ただ漠然と法律の勉強をこなす」だけでは単調になってしまいがちですが、その講義中に聞けるポイントが司法試験合格へのヒントになったと思います。

これから受験しようと思う方、本学への入学を考えている方へひと言お願いします

今年の司法試験合格率が全国16位という好成績でしたが、私達の仲間内では全国模試でもトップレベルの人が居たので、この結果には納得できます。 一緒に勉強していた仲間を見ても、全体のレベルが高かったんだろうと思います。
その様な中で自分も勉強できていたのが良い結果につながったんだろうと。

法科大学院での勉強・司法試験への合格は、学校とか学歴ではなく「やる気」が一番重要だと思います。ただ、それと同じくらいに「やる気」をバックアップしてくれる本学のような環境も重要な事だと思います。
その様な環境選びも大切だと思いますね。

2009年度新司法試験合格者 標準未修課程2009年3月修了|佐藤 敬治|勉強する環境は整っている。あとは自身の活用次第

大学院での3年間を振り返ってみて、いかがですか?

正直なところ「楽しかった」とは言えないですね(笑)
やはり毎日が勉強だったからすごく楽しいわけではなかったです。
一緒に勉強している仲間がいたことは楽しかったですが、基本的にはつらい日々でした(笑)

この3年間は「一生懸命がんばった3年間」という印象です。
司法試験合格という目的を達成できたことは嬉しいですが、同時に「ホッとした」「報われた」という感じがしています。
今の司法試験では受験制限(卒業後5年以内に3回まで受験可能)もあるので、少ないチャンスをものに出来たことが嬉しかったです。

大学院での生活はどのような印象ですか?

普段の生活の中で印象深いのは仲間達と自発的に答案練習会をやったことですね。
そこで得られるものが本当に大きかったと思っています。
他人の答案に対して指摘してあげるためには、それ相応の知識が必要なので、良い相乗効果が出たと思います。

勉強ばかりの3年間、1日12~13時間を勉強に使っていたのですが、気分転換に仲間内で野球などのスポーツを楽しんだこともありました。
普段見られない顔を見ることが出来て、楽しかったですね。

写真:佐藤 敬治

講義の中では実務家経験のある教授の講義がとても印象に残っています。
ある問題について現場ではどう考えるのかを聞けるので、実務上のイメージがつかみやすい講義が多くありました。
本学は裁判官を経験した教授が3人もいるのですが、おそらく他大学院ではあまり無いことだと思います。
この大学院でしか経験出来ない貴重な講義だったと思います。

また、昨年度の合格者の話を身近に聞ける機会があったのも大変良かったと思います。
自分のやっていることが間違っていなかったと確認出来る良い機会で、自信につながったと思います。
少人数だからと言うこともありますが、このような環境で合格者の先輩がいたのは大きかったですね。

これから受験しようと思う方、本学への入学を考えている方へひと言お願いします

これから受験や入学を考えている方々にもぜひがんばって欲しいと思います。
司法試験合格への勉強は、そのモチベーション維持がとても難しいと思います。

将来の具体的なイメージを持っていると、そのモチベーションを維持できます。
司法試験合格がゴールではないので、その後を具体的にイメージして欲しいですね。
ちなみに自分は弁護士になることが将来の目標です!

また、本学の一番良いところは少人数制がゆえの「距離が近い関係性(学生間・教授・事務局とも)」だと思います。
勉強する環境は整っているので、あとは自身の活用次第だとも言えます。
この「一緒に合格するためのチーム」のような環境こそが、他の大学院にはない特徴であり、強みであると思います。

2009年度新司法試験合格者 標準既修課程2009年3月修了|本井 孝史|少人数制が生む「教授との関係性」

大学院での3年間を振り返ってみて、いかがですか?

ひと言で言えば「充実していた」と思います。
他のロースクールは知らないので単純に比較できないですが、やる気になれば24時間勉強できる環境がとても良かったと思っています。
まわりも勉強しているので刺激になる、やらざるを得ない環境というのが自分には合っていたのではないかと思います。
仕事(塾講師)との両立で大変な面もありましたが、あっという間に過ぎていった2年間だったと思います。

大学院での生活はどのような印象ですか?

写真:本井 孝史

1学年20人程度なので自然と仲間や顔見知りが増え、日常的に勉強の話をする機会が多かったと思います。
同じ志を持った人が集まる環境というのも良かったと思いますし、専門分野の大学院として「少人数制」は良い環境だったと思います。

特に教授とのつながりには色々と助けてもらったと思いますね。
遅い時間になっても研究室にまでお邪魔して色々と質問したり、自分の書いたものを評価してもらったりしていました。
それを嫌な顔せずに受け入れてくれたのがありがたかったです。
少人数制というのは教授の目が全学生に届くので、それがこの関係を作ってくれたと思います。

「法律にルールはあるが数学的な答えではない」、それが法律の勉強では面白みであり苦しみでもありました。
逆に言うと「悩むことが許される分野」とでも言いますか(笑)
相手を説得できるか否か(訴訟などで裁判官を説得するような答えを用意する)が重要になってくるのですが、そう言うことが面白かったですね。

自分が納得するまで付き合ってもらったので、教授には色々とご迷惑もおかけしたと思いますが、自分には最高の環境でした(笑)
ここにはそういう強みがあると思います。

これから受験しようと思う方、本学への入学を考えている方へひと言お願いします

正直な事を言うと「やめた方が良い」と言ってしまうかもしれません(笑)
司法試験に受かったからと言ってその後も上手く行くという保証は無いんです。
ただ、私が「やめた方が良い」と言った時に「いや、それでもやるんだ!」という気持ちが欲しいと言う意味です。

司法試験の合格は「資格取得」ではないので、それらと一緒に考えてはいけない、その後を見据えた「強い気持ち・高い志」が必要だと思います。
先の長い、広いビジョンを持たないと司法試験の勉強は続かないと思います。

ただ、それを持っている方にとっては、自分たちが合格出来たことが「励み」になると思います。この大学院で勉強してきた2年間は間違っていなかった、と言えるから。

2009年度新司法試験合格者 標準既修課程2008年3月修了|村上 新一郎|自分を変えてくれた本学の魅力

大学院での3年間を振り返ってみて、いかがですか?

既修者としてこの法科大学院へ入学して2年間在籍していました。
卒業後の1回目の試験では残念ながら合格出来なかったのですが、その後も本学に法務研究員として在籍し、今回の試験へ向け勉強を続けていました。
2回目の試験で合格出来たので、正直に言ってホッとしていると言うのが感想です(笑)

自分の性格は決して勉強熱心な方ではないので、周囲が頑張っているのを直接感じられる少人数制の本学の環境は良かったと思っています。
自分もやらなくちゃ、頑張ろう!と思える環境でした。
その様な場にいれたことも今思えばラッキーだったと思います。

大学院入学時から将来の目標ははっきりしていたのですか?

写真:村上 新一郎

父親が弁護士なので、自分もその道へ進むことを目標にしていました。
今回の司法試験に合格出来たので、ゆくゆくは父の事務所で修行しそこを継ぐことが出来たらと考えています。

家庭に法曹がいるという環境は皆さんが思っているほど他とは変わらないですよ(笑)
確かに、父親と法律の話などをする機会は増えたと思いますが、それは弁護士の哲学的なもので、まだ私のレベルではなかなか難しいです。

だからこそ、この本学のように(元)実務家教授の講義を受けられる環境には魅力を感じました。それまでほぼ独学で勉強していたのですが、それを改める良い機会・きっかけになったと感じています。
個人的にはその「環境」が一番良かったと感じています。

大学院での生活はいかがでしたか?

同期の人数が少なかったので、他の人には負けたくないという気持ちが自分にとっては良い刺激になりました。
少人数の講義だと勉強していないことが目立ってしまうんです(笑)
大人数であれば目立たないのかも知れないですが、私の性格を考えるとその「目立たない方」に紛れてしまって、今のような結果にはならなかったと感じます。
その意味でも少人数制というのは良かったと思いますね。
ここで知り合った仲間達とは将来にわたって付き合える関係になったのも大きいと思っています。

これから本学への進学や、司法試験合格を目指している方へひと言お願いします

今年、本学から7名合格できたことで、本学で学べることの方向性が正しかったと実感しています。
また、どれぐらいのレベルに達すると合格出来るのかといった具体的なイメージも出来るようになったと思います。
これから進学や受験を考えている方には、その辺りも参考にして欲しいと思いますね。

司法試験合格までの道程は長く厳しいものですが、基礎からしっかりやって法律的な考え方を身につけておけば、必ず合格出来ると思います。
その努力の積み重ねが良い結果を招くと思いますので、頑張ってみてください。

2009年度新司法試験合格者 標準既修課程2009年3月修了|小西 友和|時間・距離の制約もデメリットにはなりませんでした

司法試験合格までを振り返って

司法試験合格まで7年間かかったので、今はホッとしています(笑)
この7年間はずっと緊張とプレッシャーの中にいました。
合格した後、私よりも周囲の反応がすごくて、最近やっと実感が出てきたと言う感じです。

大学院での生活はいかがでしたか?

本大学院には2年間在籍しました。
それまでの5年間はずっと一人で勉強をしていたので、非常に良い刺激を受けました。
教授との関係も距離が近く感じられ、疑問に思ったことを率直に聞けるのがすごく助かりました。
講義中でもその後でもいつでも受け入れてくれるので安心出来ました。
自分の顔と名前を覚えてもらえるので個別に指導を受けやすい環境だと思いますし、実務家経験者が多いこの本学でそれは非常に心強い事だと思います。

写真:小西 友和

共に学べる仲間がいたと言うのも大きかったです。
論文を書いて互いに評価し合ったり、討論を重ねたり。
今思うと、そう言った日常での積み重ねが自分の実力につながっていったと感じています。
大人数だとどうしても「好き嫌い」で友達を選んでしまうと思うのですが、この環境ではそれに囚われず様々な考え方を聞くことが出来るのが逆に良かったと思いますね。
誤解されては困るのですが、嫌いな友達と仕方なく付き合っていたという意味ではありませんよ!(笑)

個人的には、この大学院の勉強スタイルが非常に合っていたと思います。
もちろん合うか合わないかは入ってみなければ解らないという意見もあると思います。
ただ、少なくとも私には非常に合う環境だったと思いますね。
それは先ほどの教授との関係や講義の進め方、仲間とのつながりなど、色々な意味でそう感じます。

私は千歳市から本学へ通っていたと言うこと、家庭の都合でなかなか大学院で過ごす時間が増やせなかったことなど、他の人から見れば大きなデメリットとも思える部分が多かったのですが、結果的にはそれを感じさせないぐらい勉強に集中出来たと思っています。

…本学が地下鉄直結というのも助かりました(笑)

これから本学への進学や、司法試験合格を目指している方へひと言お願いします

この大学院での生活を含め、私が長い期間、勉強を続けられたのは「司法試験への合格」という目標があったからだと思います。
その目標で全てが終わるわけではありませんが、その目標に向けて頑張れる環境を本学でサポートしてくれたと思います。

少人数制での密度の濃いつながり・実務家の教授による講義の進め方など、数え出したらきりがないですが、それぐらい本学には多くの魅力があると思います。
これから受験をされる方々にも、必ず目標を成し遂げるという強い気持ちをもって挑んで欲しいと思います。

2009年度新司法試験合格者 標準既修課程2009年3月修了|栗原 望|本学で自分の将来に具体的なイメージを持つことが出来ました

合格発表を受けて、現在のお気持ちは?

合格発表はインターネット上で確認しました。
アクセスが集中していたのか、なかなか確認出来なかったのですが、自分が合格しているのを見つけ、正直なところ信じられない気持ちでした。

大学院での2年間を振り返ってみて、いかがですか?

北大卒業後、既修者として2年間通ったのですが、それまでの環境との違いが多く、慣れるまでに時間がかかりました。
学部生時代は、大講義室などで大人数で講義を受けるのが当たり前だったのですが、ここは少人数制でしかも教授との対話形式が多かったので慣れるまでに時間がかかりました。
そのせいか、2年間はあっという間に過ぎてしまいました(笑)

ただ、疑問点などを直接聞ける環境と言うのは非常にありがたかったです。
試験直前には体調の心配をしてくれる教授の方もいて、非常に心強い気がしました。

共に学んだ仲間や教授との思い出などはありますか?

写真:栗原 望

この2年間は、机に向かって勉強し続けたと言うより、仲間や教授と一緒に勉強してきたという感じですね。
最初はとまどいましたが、年齢やそれまでの経歴が異なる人達とともに生活するのは新鮮な印象でした。
特に年齢の離れた社会人経験者の方とお話をすると、勉強だけではなく気配り・配慮等々感じることが出来て、それが新しい価値観として私の中では良い経験になっていると思います。

自主的に行った仲間達とのゼミでは、他の人の考えや自分の誤った視点などを知ることが出来て、それは一人で勉強していては決して出来ない経験になったと思います。
同じ目標を持つ者同士、お互いに意見できる環境こそが、実力につながったと感じています。

また、本学には実務家教員が多いので、司法試験合格への勉強だけではなく、その後の修習生の事や法曹になった後の話なども聞けたのが良かったです。
自分の将来に具体的なイメージを持つことが出来て、大変な勉強も頑張れたと思っています。

実務家教員の方々のお話は、論点や判例の解釈について、実際の問題をふまえて説明してくれるので、その理由や裏付けといったものも一緒に理解する事ができ、それが講義全体をとおして解りやすい内容にしてくれたと思います。

これから本学への入学、司法試験を目指す方々へひと言

例え立派な大学院に入ったとしても、自分一人で勉強していると思い込みで進んでしまったり、その答えに自信が持てなかったりするものです。
本学であれば、仲間や教授と一緒に勉強できるので、いつでもそれを解消する事が出来ると思います。「本当にこれで良いのか・・」と悩んだ時こそ、少人数制のメリットを活かせる時だと思います。

確かに旧司法試験に比べると合格率は高くなっていると思いますが、それでも大変な面が多いと思います。
少人数制で学生間の横のつながりを強く持てて、それでいて教授との距離が近い本学のようなところであれば、例えば自分の将来像についても具体的にイメージすることができ、それが励みになると思います。
このような環境を活かして、ぜひ頑張ってもらいたいと思います。

2009年度新司法試験合格者 標準既修課程2009年3月修了|松村 龍一|「法曹になるための勉強」を意識して臨んで欲しい

合格発表を受けて、現在のお気持ちは?

まず「もう勉強しなくて良い」と思いました(笑)
苦手な科目は試験に落ちたら復習しようと思い、あまり勉強していなかったので、それが無くなった開放感がありました。

なぜ本大学院に入学したのですか?

早大理工学部の卒業が決まった時、そのままメーカーなどに就職するのはやめようと考えていました。
ちょうど法科大学院が出来た頃だったので、同じ大学院へ進んで2年間勉強するのであれば、別の道(司法試験)を目指して3年間勉強してみるのも良いかと思い、この道を選びました。
自分は同じ場所で勉強一筋というタイプでは無かったのだと思います(笑)

この3年間を振り返っていかがですか?

写真:松村 龍一

それなりに勉強はしてきましたが、つらい3年間という印象はなく、基本的には楽しい3年間でした。
自分の得意科目に集中して勉強できることが楽しく、しかも同じ目標を持つ仲間やそれを支えてくれる教授もいたので、苦には感じませんでした。

私は徹底して「苦手は克服せず、得意な科目を伸ばす」事に集中したのですが、それが良い結果になったと思います。
全ての人に当てはまるとは思わないし、これが正攻法とも思わないですが、少なくとも自分にとってはそれが合っていたと思います(笑)
小学校の頃からそうしてきたので違和感は無いですが、この勉強方法が充実した3年間を過ごせた要因と思います。

教授や講義などで思い出すことはありますか?

民事系が得意だったと言うこともありますが、民事系の教授には大変お世話になりました。
好きな先生の講義は楽しく学べますし、それに対して熱心に教えてくれる先生が多かったと思います。
自分は積極的に質問するタイプなのですが、丁寧で親切に色々と教わりました。

この大学院の教授は、学生が司法試験に合格する事はもちろん、率直な疑問などに対しても細かいケアをしてくれる方が多いと思います。
それもあって、私自身も「ここまでやってもらって、頑張らないわけには行かない」という気持ちがますます強くなりました。

これから本学への入学、司法試験を目指す方々へひと言

私は普段から後輩達と接する機会が多かったのですが、その私が合格出来たことで「良い後ろ姿」を見せられたと思っています。
特に今年は私を含め未修者の合格が多かったので、これから続く方々にも良い手本になれたのではないかと思います。

とかく「受験勉強」になりがちですが、それだけではなく「法曹になるための勉強」というのも意識して欲しいですね。
旧司法試験と新司法試験では求められている事が違うと思います。
机の上で学べる知識だけではなく、法曹としての広い意味での人間性だったり、感覚だったりだと思います。
それは一緒に学ぶ友達や、サポートしてくれる教員の方々と多く接する事で身につくことだとも思います。

この法科大学院は、その勉強をするのに良い環境なのでぜひ活用して欲しいと思いますね。
法曹として求められていることを理解し、司法試験という形で答えることを学んで欲しいと思います。