ホーム » 学生の声 » 2008年度新司法試験合格者インタビュー
2008年度新司法試験合格者 標準既修課程2008年3月修了|高倉 佑太|大切なのは、苦手科目の克服と時間の管理。

将来、「事業再生」を通して北海道の地元企業の役に立ちたいという想いから、法曹への道を目指しました。
北海学園大学法科大学院では、その為に必要な「民事系」の科目について、多くの知識を得ることが出来ました。
もちろん、法律の専門家として「刑事系」の科目についても十分な勉強を行いましたが、苦手分野ということもあり、その点では苦労しました。

司法試験対策は、苦手科目の克服が最大の鍵になると思います。
得意科目を伸ばすのも必要ですが、司法試験合格には極端な苦手科目が無いように勉強する必要があります。
その為には、「時間の管理」がとても大切になってくると思います。

苦手科目克服に費やす時間であったり、試験日までの残り日数を考えて計画を立てることであったり、試験最中の時間配分であったりと、時間とスケジュールを考えて、目標に向けての計画を立てることが重要だと思います。
司法試験に合格するのは日々の積み重ねが大切と考えています。
限られた時間の中で、目標到達へ向けて努力を重ねる。
例えば繰り返し復習を行う中で、それまで積み重ねられたものが自然と自分の「力」になり、結果としてそれが司法試験合格へつながると思っています。
今回私が合格できたのも、この「積み重ね」が結果として、それにつながったものと考えています。

2008年度新司法試験合格者 標準既修課程2008年3月修了|佐藤 奨|信念をもって諦めずに継続すること

検察官として働くことが将来の目標ですが、北海学園大学法科大学院は、刑事系科目が充実したカリキュラムであり、少人数制で教授と学生の距離が近いと感じられたのが、私の目標に合っていると感じました。

大学院での勉強は、それまでの大学生時代の授業内容に比べ、より高度で内容の深いものでした。
もちろん、その分やり甲斐を感じる事が出来たのですが、得意分野である刑事系はともかく、ちょっと苦手としている分野については、ついていくだけでも大変だったのを憶えています。

法律の勉強における得意・不得意は「問題点を正しく理解し、答えにたどり着くまでにどれぐらいの時間を要するか」で分かれると思います。
得意科目がそうであるように、例え不得意な科目でも、問題を解いている時間を楽しめるようになると勉強もはかどると思います。

司法試験に合格するためには勉強ももちろん大事ですが、自分の目標や、将来やりたい事を具体的にイメージして、そのゴールに向けてコツコツと続ける気持ちだと思います。
信念をもって諦めずに継続することが出来れば、自然と結果がついてくると思います。

大学院で勉強を続けたことで、目標へ向けて勉強を継続する事が出来たと思います。