ホーム » 教育体制 » 教育方法・カリキュラム

教育方法とカリキュラム

法曹となるための基本的な力を身につけるために、基礎的な法学知識の習得から理論的・体型的知識の習得、具体的な問題解決能力の育成、さらに実務的知識や能力を高める教育へとステップアップしていきます。

図:カリキュラム体系

図:基礎から応用、展開へとステップアップ

4つの科目群

法科大学院の科目は、「法律基本科目群」「法律実務基礎科目群」「基礎法学・隣接科目群」「展開・先端科目群」から構成されています。「法律基礎科目群」は、初学者向けの「基礎科目群」と法理論教育の中心をなす「基幹科目群」とに分かれます。

初学者のための教育

法学初学者を含む法学未修者に広く開放するという法科大学院設立の趣旨をふまえ、法学への導入教育、法学基礎教育を補完するものとして、オリエンテーション・プログラムを実施します。

基礎的な法学知識を養成する教育

法律専門職として最低限必要な法学知識・能力を習得させるための授業は、主に法律基本科目群に配置される講義形式の科目群によって行われます。

理論的・体系的知識を具体的な問題解決能力に高める教育

法律学の理論的・体系的知識を具体的な問題解決に応用する能力の育成・向上は、主として法律基本科目群に配置される演習中心の科目群によって行われます。

実務的知識・能力を高める教育

法曹として将来実務を担うためにもっとも基礎的な実務的能力を養うことを目的とする授業は、主として法律実務基礎科目群に配置されています。

履修制限、進級制と修了要件

法科大学院の授業には、多くの予習・復習時間を必要とします。そのため、1年間で履修できる単位数に上限を設けます。 進級制は、各学年に一定の進級要件を設け、学生に対して適切な進度で学習を進めることへのインセンティブを与え、3年間または4年間という所定の期間で課程を修了することを可能にするという教育効果を期待したものです。

有職社会人のためのプログラム

有職社会人が在職のまま、夜間に履修して修了することのできるプログラムを設けます。授業時間帯は18時20分から21時30分までですが、勉強時間を確保するために時間割を工夫して、1週間に7講程度の授業を履修します。このプログラムを4年間で修了すると、通常の3年制課程とまったく同じカリキュラムを無理なく効果的に履修することができます。

自学自習を支える教育システム

すべての授業について、予習と復習の内容が事前に指示されます。
予習・復習をはじめとする日常の学習において、お互いの知識を確認し、問題発見と解決のための意見交換の場を確保します。
通常の講義科目は1学年(18名定員)1クラスですが、演習系科目は、1クラス10名程度で行われます。双方向授業として最適な規模を維持します。
授業について、理解が不十分な学生のために、各授業科目に対応する補習授業を開講します。さらに、各授業科目の担当者は、各自オフィス・アワーを設け、学生からの学習上の相談・質疑に応じます。